×

会員ログイン

ログイン名
パスワード

A.C.P.C.アーカイブ限定コンテンツ A.C.P.C close up

A.C.P.C.提携講座 ライブ・エンタテインメント論
ゲスト講師リレーインタビュー (東京工科大学)season 2

Interviewee

REC.015 増子直純さん

怒髪天Vocal

プロフィールの詳細


CHAPTER.3
とにかくやらないと始まらない

― 学生からの事前質問に、「社会人になるにあたって、最も必要なものはなんですか?」とあります。

増子:やる気かな。生きる気というか気力。社会人になったら急に何かが変わるわけではなくて、社会人になっても自分は自分ですよ。自分で働いて、食いぶちを、親ではなく自分で作っていかなくてはならない。そこでは非常にシビアで、身の丈に合った分しか入ってこないので、そこをバネにできるか。腐ってもしょうがないですからね。腐っても給料上がらないですから。

― 世代に関係なく、学生から社会人になるときは不安です。

増子:自分もそうでしたね。長いスパンで見られないというか、これはしょうがないんですよ。いわゆる人生が階段だとすると、二段目で見る景色と十段目で見える景色は広さが全然違うので。これはもう概念の違いなので、どうしても近視的になるというか、近いものにしか目がいかないのは、もうしょうがない。これも失敗してみるべきことですよ、単純に。

― 最近の若い世代は、仕事は一生懸命やるけど、でも付き合いは深めない傾向があるような気がします。

増子:今の若い世代に特有なのは、好かれたいんじゃなくて、嫌われたくないだけなんですよ。誰かに好かれたいんじゃない、ただ嫌われたくない。その最低限のラインにしか線引きがないので、別に好かれたいなんて思わないんですよ。人に好かれることでどれほどのメリットがあるか、実感していないからそういう風になるんでしょうね。取引先が相手でも、自分のいる会社でもそうですよね。人に好かれる努力とは、ゴマをするとかそういうことではなく、自分から好きにならないと相手も好きにならないので、いかに自分がその相手を好きになり、心を開いていけるかだけなんですけどね。

― 講義では学生たちが、自分たちには可能性が十分にあるんだ、ということがよくわかってくれたと思います。

増子:とにかくやらないと始まらない。いくら可能性があってもね。何もやらないのはもったいないですよ。時間もあるんだし。これは本当に長年生きてきてわかったことだけど、道は一つじゃない。会社なんかそうですよ。良い会社に入りたくて、入れなかったら最悪。だったら自分で良い会社を起こせばいいんですから。なかったら作る。本当、そういうことなんですよ。

― 今日は元気の出るお話、ありがとうございました。

ページトップ

Copyright©ACPC. All rights reserved.